FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←千夜風灯物語 第百五十五夜 ダイナマイト →通信販売のお知らせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png サークル
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 徒然雑想
もくじ  3kaku_s_L.png リンク集
[千夜風灯物語 第百五十五夜 ダイナマイト]へ [通信販売のお知らせ]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「小説」
千夜風灯物語

千夜風灯物語 第百五十六夜 Purple Haze

 ←千夜風灯物語 第百五十五夜 ダイナマイト →通信販売のお知らせ




そっと紫色のシガレットケースに手を伸ばす。中から綺麗に並んだシガリロが顔を覗かせる。一本を取り出し、口にくわえる。右手でライターを持って火をつけて、左手でシガレットケースを閉じる。

本来肺に入れるものではないシガリロを、思い切り吸い込む。彼の顔はまるで絶頂を迎えたかのようにキッとしていた。一旦肺に潜り込んだ紫煙が脳まで昇って来る。すると、どうだ、万華鏡を覗いたように脳内に無数の夢物語が広がって行くではないか。

思い人と結ばれる空想、金持ちになる空想、仙人になる空想、殺人鬼になる空想、死後骸骨として生きる空想、嫌いな奴を呪い殺す空想、鮟鱇に生まれ変わる空想、空が落ちて来る空想……都合八つの譫妄が、瞼の内側でクルクル回る。目眩く。

一度では足りないから、また吸い込む。全身が覚醒して行く。譫妄と現実の空想がつかなくなる。魂が幽体離脱する。

愛する人と一緒に灰色の鼠を飼って、自分を呪った総てのものに天使を呼び出して火の矢を撃ち込ませる。楽しい。故郷でのうのうと生きている両親に最新式の病を感染させて無様に殺す。愛する人は女王になって、玉の輿に乗った彼は世界の王様になれる。全身から泡が吹き立って、その泡に触れたもの総てが蕩けて行く……彼の脳髄と一緒に。

一本のシガリロを吸い尽くす頃、彼は廃人のように項垂れていた。




 
次へ
前へ


 
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png サークル
総もくじ 3kaku_s_L.png 小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 徒然雑想
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png サークル
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 徒然雑想
もくじ  3kaku_s_L.png リンク集
[千夜風灯物語 第百五十五夜 ダイナマイト]へ [通信販売のお知らせ]へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [千夜風灯物語 第百五十五夜 ダイナマイト]へ
  • [通信販売のお知らせ]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。