FC2ブログ

「徒然雑想」
イベント関連

第二回大阪文フリレポ

 ←千夜風灯物語 第九十六夜 Electric Funeral →千夜風灯物語 第九十七夜 カマキリ



こんばんは、風合です。
大阪文フリ終了しましたねー。目眩くような一日でした。

朝起きて即座に駅までタクシーで行ってなかもずまで走って行きましたよ。
で、なかもずで奈秤君と合流して会場入り。
大阪文フリだけなのかは記憶にないんですが宅配搬入分と追加椅子が最初からブースにあるのは便利でいいですね。
そして届いていた新刊のとんでもない大きさ!
今回宅配搬入にヤマトで売ってる段ボールのうち二番目に大きいのを使ったんですが、新刊の入った段ボールがそれと同じくらいの大きさでした。十五部しか入ってないのに。

で、いつものように設営。
今回はこんな感じでした。

IMG_6432.jpg

今回はいつもの在庫詰み上げる形式じゃなくて見本誌一冊ずつ置くだけって形にしたので、前回よりは大分見易くなったんではないかと。
特に古い本は目立つように置いてますね。次回はポップとか置いてみたい。

そして気がつけば開始時刻。地獄の売り子作業が始まります。
ここで奈秤が今回無料配布のコピ本の綴じ方ミスってたことが判明。泣きながら直してました。
そしてその横でコピ本ことお品書きを兼ねた短篇「朽縄忍法帖」をひたすらばら撒いてました。
あの話をばら撒くってどうなんだろうなーとは思いつつ、熱に浮かされた私たちはあの畸形物語を無料頒布するのでした。

ある程度落ち着いて来た処で取り置きを頼まれてた伊織さん、詩架さんに伺いました。そにっくなーすさんも取り置きだったんだけど直截やって来ましたね。
そうこうしてるうちに段々いつもの調子に戻って来たんですが、アレですね、『風祭』は非常に人にお勧めしづらい。
どっちかっていうと本というか鈍器な上に高いので買う方も躊躇ってらしたようですね。内容は厚さ的にも質的にも100%お勧め出来るんですが。

で、実際の『風祭』がこれ。

SH3J0127.jpg

写真は旅館で撮ったモノですが、まあこれが並んでたら相当威圧感感じるよね。

とは言えそれ以外もぼちぼち売れてたのでまあ満足。
売上的には『風祭』が三分の二を占めてますが、そこは次回への課題かなー。
今回からは本の中身を詳細に説明するっていうのが出来るようになって来たので、次回以降はもっと色々な人と本の話をしたいですね。

風合が買った本はちょっと羅列し切れないんですが、伊織さんの『卒塔婆カーニバル 百夜語り』とか詩架さんの『無垢』とかそにっくなーすさんの『グランジナースの死』とかですかね。感想はあっちこっちで書き散らすと思います。

それでは、ブースに来て戴いた方総てに無上の感謝を。
次回は十一月、東京にてお会いしましょう。



 
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png サークル
総もくじ 3kaku_s_L.png 小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 徒然雑想
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png サークル
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 徒然雑想
もくじ  3kaku_s_L.png リンク集
[千夜風灯物語 第九十六夜 Electric Funeral]へ [千夜風灯物語 第九十七夜 カマキリ]へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [千夜風灯物語 第九十六夜 Electric Funeral]へ
  • [千夜風灯物語 第九十七夜 カマキリ]へ